日本社会の〈死〉と〈再生〉 「個人化」の果ての「コミュニティ」志向

小林修一 著

 

定価(本体2100円+税)

ISBN978-4-87262-239-3

ご注文はこちらから


は じ め に 


第一章 日本社会のかたち


第一節 ムラと生活
第二節 戦前のカイシャ
第三節 「イエ」的家族
第四節 ムラと学校
第五節 ムラのマツリ

 

第二章 夢追う企業社会


第一節 ムラの変貌
第二節 企業社会化
第三節 近代家族
第四節 競争の教育
第五節 マツリの変容

 

第三章 社会の消失


第一節 ムラが消える
第二節 日本的経営の破たん
第三節 個人化する家族
第四節 教育の変容
第五節 イベント化するマツリ


第四章 転換点と再生の兆し


第一節 消費の個人化
第二節 欲望の変質
第三節 快楽消費
第四節 虚構のマツリ
第五節 消費の脱市場化
第六節 地元志向


あとがき
引用・参照文献