2014年

9月

02日

明治前期中学校形成史 府県別編3 東日本

神辺靖光 編著

 

定価(本体4900円+税)

ISBN978-4-87262-642-1

ご注文はこちらから


ま え が き

 

序 説 明治初年の東日本と「学校」「中学校」 (神辺靖光) 

1.明治初年の東日本
2.府藩県三治と「学校」「中学校」   
3.東日本における廃藩置県

 

第一章 千葉県の中学校 (吉野剛弘)

はじめに   
1.藩校・漢学塾と近代教育   
2.賛化学校の公立移管をめぐる問題   
3.県の中学校政策と千葉中学校
4.中学校増設をめぐる動き
5.地域と私立学校による中学校の模索
おわりに

 

第二章 茨城県の中学校 (吉野剛弘) 

はじめに
1.中学校設置の発起
2.師範学校予備師範生
3.県立茨城中学校
4.中学校をめぐる論議
5.県会における中学校論議
6.茨城県尋常中学校の成立
おわりに

 

第三章 栃木県における「中学校」をめぐる動向 (池田雅則)

――教育課程に着目して

はじめに   
1.府県統廃合以前の栃木県域における「中学校」
2.栃木県における「中学校」の設置維持過程
3.栃木県における「中学校」の教育課程
おわりに

 

第四章 福島県の中学校形成史 (大間敏行) 
――青年学校、郡立中学校の興廃からみた

はじめに   
一、前史―三県分立時代の第一次中学校   
二、県立中学校否定の論理と青年学校への期待
三、青年学校の消滅と「正格化」 
四、郡立田村中学校   
おわりに

 

第五章 山形県における尋常中学校の成立 (荒井明夫)

はじめに
1.藩校の近代学校への変質とその特徴
2.山形県における学制の受容とその特徴
3.三島通庸県令の着任と郡立中学校の設立
4.山形県における尋常中学校の成立
まとめ

 

第六章 秋田県における「中学」の設立と変遷 (森田智幸)
――設置目的と教育課程に着目して

はじめに   
1.「本部学校」構想と「諸道兼学」の方針   
2.洋学校の設立
3.太平学校変則中学科の成立   
4.中学師範予備科の成立
5.秋田中学校の成立
おわりに

 

第七章 宮城県の中学校形成史 (冨士原雅弘)

はじめに   
1.「学制」公布以前の中学校   
2.官立宮城英語学校
3.県立宮城中学校   
4.県立宮城尋常中学校廃止   
おわりに

 

第八章 岩手県の中学校形成史 (冨士原雅弘)

はじめに   
1.中学校設立以前の学校
2.中学校設置の胎動
3.公立岩手中学校
4.岩手県尋常中学校
おわりに

 

第九章 青森県の中学校形成史 (宇内一文・柄越祥子)

はじめに   
1.藩校の解体過程と「学制」の受容
2.東奥義塾中学科
3.郡立中学校
4.尋常中学校の展開
おわりに